シャチハタ vivo 通販

通販でシャチハタ印鑑VIVOを購入するなら小川祥雲堂の印鑑がお勧め!!

シャチハタ印鑑VIVOは、朱肉を携帯して持ち歩く必要がなく、何度も連続して印鑑を押す事ができるので、利便性に優れており色々なシーンで活躍できます。ここでは、そんなシャチハタ印鑑VIVOについてお届けします。

シャチハタ印鑑VIVOについて

シャチハタとは?

シャチハタとは、朱肉のいらない印鑑です。認印として利用されている方も多いのが特徴です。1965年にシヤチハタ株式会社によって開発された印鑑で、印鑑本体にインクが入っているので朱肉がなくても印鑑を押す事が可能な浸透印です。この浸透印が現在世の中に沢山普及しているのがシャチハタとなっています。

シャチハタ印鑑VIVOと印鑑の違いとは?

捺印を求められる場面で、「シャチハタでOKなのか」「重要書類はシャチハタ不可なのか」等、このように悩んだ経験はありませんか?ここでは、シャチハタと印鑑の違いを具体的に見ていきたいと思います。

インク入りで朱肉要らず

シャチハタの最大の特徴は、インク浸透印である事です。なので、毎回朱肉を印鑑に付ける必要が無く、簡単に捺印する事ができます。例えば、印鑑を連続して押すと言うような事務作業においては、シャチハタ印鑑は非常に役立つアイテムです。
このシャチハタの浸透印の仕組みですが、➀インクの詰まったカートリッジを内蔵している物と、②印面自体にインクが浸透している物、2種類のタイプがあります。それぞれのシャチハタでは、インクの補充方法は変わってきます。また、用意されているインクの成分・色・種類も色々あるので、今使用している印鑑の専用補充インクを使用する事が大切です。

シャチハタ vivo 通販
印面がゴムで作られている
シャチハタと言うのは、インクが染み込みやすいゴムで印面が作られています。一方、通常の印鑑では、印面が硬い木材、動物の角や牙等に文字を彫って造られた物になっています。そのような点から、シャチハタは印鑑と言うよりも、ゴム印やスタンプに近い存在とも言えます。

シャチハタの種類とは?

ネーム印
シャチハタ vivo 通販

ネーム印は、シャチハタの中でも最も使用される事が多いスタンダードな印鑑です。印鑑の書体は美しい楷書体になっており、キャップを取って捺印するタイプの一般的なシャチハタです。認印として普段使いも可能であったり、仕事場のデスクの引き出しに入れて常備用にしたりする事もできます。また、ネーム印はオーダーメイドで印鑑の書体やインクの色を変えることも可能となっており、卒業や入社祝いのプレゼントにも最適です。

キャップレス
キャップレスは、その名の通りキャップを付け外しする必要がないタイプで、捺印する際に同時にキャップが開きます。なので、キャップの付け外し作業の手間を省く事ができます。また、印鑑のキャップ紛失の恐れもないので手軽に使用可能です。
キャップレスタイプには、印鑑の先端にクリップが付いている物もあり、衣服等に付けておく事ができるので印鑑の取り出しにも便利に使う事ができます。
ネームペン
シャチハタ vivo 通販

ネームペンは、ボールペンと一緒になったシャチハタ印です。ボールペンに印鑑が付いているので、シャチハタを取り出す手間もかからず、認印や訂正印にも使用可能で便利です。また、シャープペン、多様ボールペン、万年筆にもシャチハタ付きの物もあり、ネームペンのバリエーションは豊富です。さらに、高級ペンとコラボしている物もある為、高級感のある物~カジュアルな物まで選択肢も様々に選ぶ事ができます。

このように…

シャチハタにもいくつか印鑑のタイプがあります。
これからご紹介するシャチハタ印鑑VIVOは、この3タイプの中のネーム印になります。見た目のデザインも洗練されているので、ビジネスシーンでの活用にもお勧めの印鑑となっています。


シャチハタ vivo 通販通販サイトでシャチハタをチェック

シャチハタ印鑑VIVOの活用シーンとは?

実印・銀行印以外の用途で捺す印鑑の事を認印と言いますが、浸透印で良い場面とダメな場面があります。なので、良い場合には、シャチハタを使用する事が可能です。例えば、宅配物の受け取りサインや回覧を閲覧後に押す印等には、シャチハタで認印OKです。他にも、契約書類等でも法律上の意味合いが弱い捺印は、浸透印でも問題ありません。

シャチハタ印鑑VIVOの良さとは?

使い勝手が良い

シャチハタ印鑑VIVOは、インク補充式浸透印です。印面が特殊なゴムで造られており、内蔵インクが染みて捺印する事ができるようになっています。なので、もし印鑑のインクを使い切ったとしても、シャチハタ印鑑VIVOはインクを交換して補充する事で継続して使用し続ける事が可能です。その為、シャチハタで印影が残せなくなってきた際には、印鑑本体ごと買い換えるのではなく、シャチハタ印鑑VIVO専用のインクを補充するだけでいつも通りに使用する事ができます。

シャチハタ印鑑VIVO
朱肉が必要無い
シャチハタは印鑑本体の中に既にインクが入っています。なので、印鑑を捺印する際に朱肉がなくても捺印する事が可能です。例えば、荷物が自宅に届いた際にも、認印が必要になりますよね?印鑑はあっても朱肉がない場合も珍しくありません。そんな時に、わざわざ朱肉を探す事は面倒で無駄に時間が取られます。しかし、シャチハタを認印として使用すれば使い勝手が良いので、シャチハタを認印に使用する人は多くなっています。また、朱肉が必要無いので持ち運び用としても便利で、鞄の中に印鑑を常備しておく事もできます。なので、何か印鑑が必要な時にも役立てる事ができます。

シャチハタ印鑑VIVOのオーダーメイドとは?

一般的にシャチハタと言うのは、文具屋さんや百円ショップ等で購入するイメージがあります。シャチハタのオーダーメイドと言われても、あまりイメージできない人もいますよね。
しかし、個人で使用する認印として、シャチハタをオーダーメイドする事もシャチハタ印鑑VIVOは可能となっています。なので、仕事で使用する会社名や役職の入ったシャチハタを独自にオーダーメイドする事もできます。また、シャチハタをオーダーメイドする事で名前や会社名はもちろん、文字入れに規定はありますが「済」等の文字を入れる事もできます。このように、シャチハタ印鑑VIVOでは、自分の印鑑活用の用途に合ったシャチハタを造る事が可能なのです。
具体的には、シャチハタ印鑑VIVOの製作では「書体」「サイズ」「丸印か角印」「印鑑の色」「レイアウト」等、全て自分で選択する事ができます。選べる書体や色等があるので、そこから選んでシャチハタ製作が可能です。仕事等で書類を確認する際に捺す印鑑では、シャチハタはとても利便性に優れているので、オーダーメイドできるシャチハタ印鑑VIVOはお勧めです。シャチハタをオーダーメイドする際には、ネット通販の注文欄やメールから簡単に印鑑デザインを業者に伝える事ができるようになっています。

シャチハタ vivo 通販

シャチハタ印鑑VIVOがプレゼントにも人気の理由とは?

認印として人気のあるシャチハタ印鑑VIVOですが、実は、プレゼントやお祝いの贈り物としてもお勧めで人気があります。仕事場でも実用性があって、尚且つ、気兼ねなく使用できるので、贈られた相手にとっても喜ばれます。また、成人祝い、就職祝い結婚して名字が変わる友達に向けてプレゼントできる事はもちろん、お世話になった職場の上司等の目上の人へ贈るプレゼントとしても喜ばれるアイテムです。
プレゼントするにあたってのシャチハタ選びのポイントは、スタイリッシュで高級感のある物がベストです。シャチハタ印鑑VIVOは、デザイン性にも定評がある事も人気理由の一つとなっています。シャチハタは、文具屋や100円ショップでお手軽に購入できる物であるからこそ、贈り物のプレゼントとして高級なシャチハタの贈り物は喜ばれるのです。
新たなステージに立つ若者を応援したり、日頃からお世話になっている人に感謝の気持ちを伝えたりするプレゼントにもなります。


シャチハタ vivo 通販シャチハタvivoを通販で見てみる